刺青 除去 タトゥー 消したい 費用

刺青除去|タトゥーを消したい!費用、料金、値段は!?

刺青をどうしても消したい人へ

刺青をどうしても消したい人へ

 

若気の至りで入れてしまった刺青をどうしても消したい人、消さなければならない人は多いようです。
また、デザイン的にどうしても飽きてしまったというケースや、恋人の名前を入れたけれど別れてしまったから消したいなどというケースもあるようです。

 

ある統計では、刺青を消したい人は刺青をしている人の中の3人に1人にも上るとのこと。実は刺青を消したい人が多いということが分かります。

 

刺青の除去方法にはさまざまあります。
レーザーによる除去や切除法、剥削法や植皮法などがあり、それぞれにメリットもデメリットもあります。

 

レーザー

 

墨の黒い部分にレーザーを当て、破壊する方法。肌を切除しなくて済みますが、通常のレーザーでは基本的に黒い刺青のみ有効なようです。カラフルな刺青は消せないこともあります。
何度も治療を受ける必要がありますし、治療をしても必ずきれいに消えるとは限りません。薄くなる程度のこともあります。

 

切除法

 

刺青の部分の肌を切り取り、周りの皮膚を縫い合わせるという方法。小さい刺青ならば一度で治療が終わることもあるため、急いでいる方にも有効です。
ただし、縫った部分の傷跡は残りやすいです。

 

植皮法

 

刺青の部分の肌を切り取り、おしりや太ももといった体の中でも目立たない部分から皮膚を移植します。
カラフルな刺繍の方にも有効です。しかし、刺青部分だけでなく切り取ってきた太ももやおしりにも跡が残るという点がデメリットと言えるでしょう。

 

剥削法

 

皮膚を薄く削り、刺青を消す方法。大きい刺青やカラフルな刺青にも対応可能です。短期間で消せるというのもメリットと言えるでしょう。
しかし、跡がケロイド状に残る、感染症などにかかる可能性があるといったデメリットがあります。

 

刺青をどうしても消したい人は、それぞれの方法のメリット、デメリットなどを理解し、刺青の大きさや色なども考慮して後悔しない方法を選ぶのが良いでしょう。

最新の刺青除去方法とは

刺青を除去したいと思っている方にとって、「痛み」は不安材料と言えるでしょう。
さらにレーザーでの刺青除去を考えている場合、黒以外の色が入っている刺青は消えにくいのではないか?という不安もあるのではないでしょうか。

 

しかし最新の刺青除去方法なら、黒以外の色の刺青も消せる可能性があります!
それが、最新の「ピコレーザー」というレーザーを使用した方法です。

 

従来のレーザーでは、黒以外の色を消すのは困難とされてきました。治療のためには何度もレーザーを当てなくてはなりませんし、薄くなるだけで消えない、やけどのような跡が残ってしまうといったデメリットもあります。さらに、切除しないとはいえレーザー治療も痛みを伴います。

 

最新技術のピコレーザーを使用すれば、消えにくかった青や緑の刺青を細かく破壊することによって除去するほか、赤や黄色など、様々な色の刺青除去に対応しています。

 

それだけではありません。
ピコレーザーは熱による痛みが少なく、従来のレーザーよりも痛みが少ないようです。ですから、今までレーザーによる治療を受けたことのある方で、痛みがひどくて途中でやめてしまった方などにも適しているかもしれません!

 

また、従来のレーザーは治療回数が多くなってしまうケースが多いですが、ピコレーザーの場合、従来のレーザーに比べて約半分の回数で治療が終わるとされています。治療回数が少ないというのは嬉しいですよね。

 

レーザーでの刺青除去をお考えの方は、痛みが少なくカラフルな刺青にも対応しており、治療回数も少ないピコレーザーでの治療を検討してみるのも良いでしょう。

刺青除去の金額(費用)

刺青を除去するのには、比較的高額な費用がかかるものです。刺青を金額よりも多く費用が掛かると思っておきましょう。

 

刺青除去は、どの方法にも何かしらのデメリットがありますから、値段なども考慮したうえで総合的に判断し、慎重に選びましょう。

 

代表的な刺青除去方法のおおよその相場は以下の通りのようです。

 

切除法

 

費用は約20万円〜50万円程度
一度の治療で終わることも多いため、初めから金額が分かりやすいという点がメリットと言えます。

 

植皮法

 

費用は約20万円〜50万円程度
範囲が広い刺青を消すのに用いられる場合も多く、刺青の大きさによっては数十万円〜百万円程度の金額がかかってしまうこともあるため注意が必要です。

 

レーザーによる除去

 

費用は約20万円〜80万円程度
5cm四方程度の範囲で一回4万円〜8万円程度の金額
治療回数が多くなる事があるため、その分値段が高くなってしまうことを想定しておいたほうが良さそうです。費用は多めに見積もっておきましょう。

 

値段の見当がつきにくい点がデメリットと言えるかもしれません。

 

このように、どの方法を用いたとしても費用は安いとは言えない金額ですよね。高い値段を払ったのに満足いく仕上がりにならなかった、ということも考えられますから、クリニックなどで良くカウンセリングを受け、納得した上で刺青除去を行いましょう。

刺青除去は跡が残る?失敗は無いの?

刺青除去は跡が残る?失敗は無いの?

 

刺青除去を考えた時に、やはり心配なのが、跡が残ってしまうことと、失敗しないかどうかという事ではないでしょうか。
今すぐに刺青を消したいけれど、やはり怖くて踏み出せない方もいらっしゃるのかもしれません。
これらの点についてはどうなのでしょう。

 

結論から言って、切除法や剥削法、植皮法などは、跡が残ると思っておかなければならないでしょう。

 

太もも、お尻などの目立たない部分の皮膚を移植する植皮法は、刺青の部分だけではなく太ももやお尻にも跡が残ってしまいます。もちろん、切除法も刺青部分を切り取って縫い合わせるため、縫った跡が残るでしょう。そのうえ痛みやかゆみ、ひきつれ、しびれなどを起こすこともあります。
剥削法の場合も、ケロイドのように跡が残ります。

 

これらの方法で除去をしてしまってから、跡が残った、失敗したと思っても遅いですから、初めによく検討しましょう。

 

また、レーザーに関してもやはりケロイド状の跡が残ることがあります。
そのうえ、消えると思っていたら消えなくて何度も何度もレーザーを当てて皮膚がただれてしまったり、やけどのようになってしまったりする失敗もあり得ます。
大きめの刺青であったり深い部分にまで墨が入り込んでいたりするような場合、少し薄くなるだけで消えないなどの失敗も考えられます。

 

今すぐ消さなきゃ!とはやる気持ちを抑えきれないのは分かります。しかし、目立つ傷跡が残ってしまったら、刺青の方がまだ良かったかも、失敗した・・・という事にもなりかねません。
じっくりと考え、後悔の無い方法で切除しましょう。

刺青除去出来るクリームがあるの?

刺青をクリームで消せる。
そんなことがホントにあったらいいなと思いますよね!
クリームなんかで消えるわけないでしょ・・・というのが普通の考えだと思います。

 

しかし、実は刺青を消せるというクリームが存在するようなのです!

 

刺青除去と言ったら、痛い、費用が掛かるなどのイメージがあり、消さなきゃいけないけれどなかなか前に踏み出せない方も多いことと思います。
しかしクリームで除去が出来るのなら、やってみたいなと思いませんか?

 

クリームなら、切除法、レーザーなどのような痛みも無いでしょうし、ほかの方法に比べたらはるかにコストが安く済むはずです。

 

刺青除去のクリームがどのようなものかというと、美白クリームのようなものです。普通の美白クリームを応用したもので、美白クリームよりも少し強い成分が入っているようです。

 

美白クリームもそうですが、刺青除去クリームは即効性を期待する方には向いていない商品かも知れません。今すぐ消さなきゃ困るという方よりも、ゆっくりと気長に薄くしていきたい、傷が残ったり痛みに耐えたりするくらいならゆっくりでも良いという方にはおすすめできる商品と言えます。

 

アレルギーなどが出る刺青除去クリームも販売されていたようですが、最近は改良されたようですので、比較的安心して使えるのではないでしょうか。

 

しかし、刺青の墨が深い部分にまで入っていたり、カラフルな刺青だったりする場合、根気よく続けても必ずしも消えないこともあると思っておきましょう。
刺青除去をクリームでお考えなら、根気よく良い結果を信じて続けるのが良さそうですね。

刺青によって損する事とは

刺青によって損する事とは

 

日本でも様々なファッションや個性が認められつつありますが、刺青となるとやはりまだ偏見があるのが事実です。

 

刺青をしているというだけで、損する事もたくさんあるのです。

 

若いころには後先を考えずに、友達の影響やファッション感覚などで入れてしまう方も多いかもしれません。
ですが人は歳を重ねていきますし、その時に入れた絵柄がずっと似合うとは限りません。さらに歳を重ねると、刺青を入れていることによって損する事がどんどん増えてきます。

 

例えば、刺青を入れていると生命保険に入れないケースなどがあります。
さらに、プールや温泉などの施設では、刺青を入れている方の入場を禁止しているところもあります。

 

また、やはり一番損する事と言えば、就職や転職に不利になる事ではないでしょうか。
刺青にまだ根強い偏見のある日本では、刺青のある新入社員を迎えようという会社は多くないのが現実です。刺青が人生を狂わせてしまうことも考えられるでしょう。

 

ほかに刺青をしていると損する事と言えば、結婚に関することでしょう。
刺青を入れている婚約者を歓迎する親御さんはまずいません。本人たちはすっかり結婚する気でいても、刺青が原因で親御さんの反対に遭ってしまうことも考えられます。

 

このように、刺青を入れていると損する事が多いのです。
このような目に遭ってまで、まだ刺青を入れたいでしょうか?
今が良ければ良いと考えず、将来のことも考えて、後悔の無い決断をして下さい。

ホーム RSS購読